40歳以上の喫煙者、肺機能検査必要な理由

季節の変わり目によく咳や痰が出たら、風邪をひきたと思います。 しかし、年が40歳以上で、一日一箱ずつ10年以上タバコを吸った人は咳と痰症状を真剣に過ぎてはいけません。 COPDと呼ばれる慢性閉鎖性肺疾患の発病の主犯と名指されていることが喫煙であるからです。 COPDの疑い症状と診断法について確認してみてください。

慢性閉鎖性肺疾患(COPD、Chronic Obstructive Pulmonary Disease)は長期間の喫煙や毒性ガスなどに露出され、肺に炎症が生じて肺機能が低下する疾患です。 COPDの主要症状は慢性的な咳、痰、呼吸困難です。 胸で口笛の音がする’天命’症状と胸部圧迫感を訴える場合もあり、重症患者は、疲労、体重減少、食欲不振が伴われることもします。

しかし、COPDは一度発病したらゆっくり悪化して、肺機能が半分ほど落ちる時までも自覚症状がない場合が多いです。 重症化され、呼吸がだんだん厳しくなると、日常生活が不可能になり、生活の質が落ち、不整脈、心不全、肺動脈、高血圧などの様々な合併症が誘発されたりして、肺胞が完全に固まって死亡危険も急激に増加することができます。


段階別のCOPD症状


午前に痰を同伴した咳の発生▶一日中、痰を同伴した咳の発生▶冬に呼吸器疾患がよく発生し、黄色くなったり、緑の痰が出たこと▶咳後、胸から口笛の音が人▶の軽い散歩にも息切れがし、症状が徐々に激しくなる▶じっとしていても息がちょっと

COPDを誘発する原因は祈りを損傷させる有害物質です。 その中でもCOPD高危険群は男性高齢者とフプヨンリョクがある人です。 長期間の喫煙は気管支に慢性的に炎症を起こして肺胞壁が破壊されます。 これによって気道が狭くなって肺機能が低下してCOPDの発病率を高めます。

しかし、非喫煙者も安心することはできません。 ホコリの多いところで働いたり、周期的に化学物質に露出される者、調理する時や暖房燃料で発生する演技をたくさん飲んだ人もCOPD危険群にあるためです。

統計庁によると2015年に慢性ハキド疾患は国内の死亡原因7位を占めました。 世界保健機関(WHO)はCOPDを脳卒中と心血管疾患に次ぐ3大死亡原因と指摘しました。 これは肺癌より高い順位です。 COPD死亡率が高い理由は、年齢になったり、タバコを吸うと息切れがし、咳が出る症状を当然視して疾患だと疑わなかったり、COPD疾患を十分に認知しないためです。 実際、国民栄養調査によると、COPDで確認された患者の2.4%だけが病院で診断を受けたことがあり、薬物治療を受けた人は2.1%に止まっていました。

一度低下された肺機能は治療しても本来の健康な状態に戻りません。 したがって、40歳以上の喫煙者又は過去の喫煙経験がある場合は、症状がなくても周期的な検診を受け、早期に発見することが重要です。 早期に診断すれば、肺活量の減少を防ぐことができてCOPD、合併症を予防することができます。 特に喫煙者は呼吸困難の症状がなくても、咳、痰などの症状があれば診断を受けるのがいいです。

肺機能検査でCOPDを診断することができます。 肺機能検査項目のうち、努力性ホキリャン検査(FEV1)はCOPDと関連があります。 息を最大限深く飲んだ後、飲んだ息の量で1秒間噴き出す空気の量が占める割合を測定します。 健康な人の場合飲んだ息の80%を吹いて出すことはできるが、70%以下の場合COPDと診断します。

COPD治療は患者の肺機能低下の程度や、悪化の頻度を区分して、他の施行します。 機関紙に生じた炎症を治療し、息車は症状を緩和し、病気の悪化による呼吸困難の発作症状を防ぐことができます。

薬物の形は吸入薬と経口剤など多様だが、吸入気管支拡張剤中心に治療します。 吸入薬は、気管支にだけ強力に作用して少ない量でも効果が現れ、全身の副作用が少ないです。 すでに呼吸困難を感じる患者は、気管支拡張剤を投与したり、ステロイド吸入薬を追加で使用できます。 血中の二酸化炭素濃度が正常範囲を外れた場合死亡の危険性が大きいため、薬物治療と酸素療法を受けなければなりません。

COPD患者は治療と生活習慣の改善を並行しなければなりません。 喫煙者は、禁煙して、健康に有害な空気にさらされないようにしなければなりません。 インフルエンザと肺炎予防接種も受けるのがいいです。

COPDは、早期診断と地道な治療を受けるのが重要だが、予防がもっと重要です。 特に喫煙者は、禁煙が最も効果的な予防法です。 COPDを診断された場合でも禁煙は咳と痰などの症状を緩和し、病気の悪化速度を下げることができます。 禁煙は意思だけで成功する場合が珍しいために国で支援する禁煙プログラムを活用して専門的な治療を受ければ、禁煙の成功率を高めることができます。 40歳以上であり、1日に一箱ずつ10年間タバコを吸っていたなら、現在禁煙の状態でも、毎年肺機能検査を受けるのがいいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。