顔面の非対称作る 生活の中の悪い習慣は何だろうか。

最近、顔面に非対称に悩みに陷った人々が増えています。

顔面の非対称は顔面の筋肉とあごの関節の不均衡に顔の左右が変わる現象を意味する言葉です。

国民健康保険公団の統計によると、口を開けた時ごとにあごで音がして痛みが感じられる、あごの関節障害患者が最近、5年間40%以上増加しました

顔面の筋肉と
あごの関節の
不均衡で

顔の左右が
変わる現象

あごの関節障害は、顔面に非対称につながる可能性があり、注意を傾けなければなりません。

顔面の非対称は顔の中心線を基準に左右の対称が合わなくなって非対称に片方だけ上がった目、間違った口の動きをに至るまで、多様な症状が存在します。

<顔面の非対称生活習慣で創ら>

顔面の非対称は先天的に顔の骨の非対称的な成長と誤った生活習慣によって徐々に発生する疾患となります。

普段は本人が自覚できず、症状を悪化させることができます。

特に長い時間座って生活する時は腰を曲げたまま座ったり足を組んで頬杖を突くなどの誤った習慣に疾患を誘発する可能性があります。

誤った
生活習慣形成は

顔面不斉誘導

このような生活習慣は顔の骨と筋肉にも、直接間接的な刺激を与えるため、顔の左右のバランスが合わず、あごの交わりが悪化する顔面の非対称の原因このなることができます。

また、食べ物を一方だけでかんだり、イカ、ガムなど丈夫な食べ物をよく長く噛んだりする場合、顔面の筋肉が顎の形を変形させることができ、顎の筋肉が発達してえらのように見えるので注意しなければなりません。

歯を食いしばっている状況が長く続けば、顔面の筋肉に疲労がきて頭痛が誘発なるができます。

一方で食べ物を
かんだり、

丈夫な食べ物をよく
長い間噛む場合

<顔面の非対称自己診断法>

専門的な診断に先立って1次自己診断ができる項目は、次のようです。

1.確実に目になるほどに非対称がひどい場合
2.目や眉毛の高さと左右が異なる場合
3.笑う時、顔が悪化する場合
4.両顎のラインの形が異なる場合

非対称状態を長く放置するとあごの関節、耳鳴り、鼻炎、口腔呼吸などの発達障害で不正咬合の原因このなることができます。

このように慢性の後遺症を同伴できる顔非対称は悪化する前、症状があるとき、事前予防するものが良くて生活習慣の矯正だけで直すのが大変だった場合、顔面輪郭やあごの手術を考慮してみる必要があります。

顔面の非対称は
慢性の後遺症を
同伴することができる。

生活習慣に
改善がならない場合

顔面輪郭
あごの手術高麗

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。