生活の中のお腹の肉減らす方法6

簡単にお腹の脂肪を取ることができる方法はないだろうか。 お金をかけてヘルスクラブ利用券を切っても運動を続けることが容易ではなく、美味しい食べ物の誘惑は依然としている。

ダイエットにはダイエットと運動が必須の名人だそうだが、実践が難しい。 耳が前後から眠るまで生活の中でお腹の脂肪を取ることができる方法を調べてみている。

1.階段利用する

マンションに居住するなら、エレベーターの利用は習慣だろう。 今からでもエレベーターという単語を忘れてみよう。 3~5階でも階段を利用すれば、ダイエットに役立つ。

会社でも階段利用を生活化すれば、筋力強化にも良い。 ヘルスクラブで過度に運動するより、移動時間などを利用し、階段、運動を楽しむことが費用対効果面で満点だ。

2.帰宅前一駅徒歩

実践し難いことの一つが、大衆交通を利用すれば、帰宅前一駅ほどは歩いてみよう。 歩くのが適応になれば2、3停留場に拡大されことができる。

金をかけずに歩く運動を1日30分以上はすることだ。 大通りの煤煙を避けて路地を訪れると、退屈さも癒すことがあり、町の新しい面を発見することもできる。

3.夕食1時間前、堅果類や水の摂取

肥満の敵は食べ過ぎだ。 飢えたまま帰宅したら夕飯を食べ過ぎるやすい。 食事1時間前、クルミやアーモンド、ピーナッツ等により一旦空腹を癒してみよう。

堅果類は豊富なタンパク質で、身体に良いだけでなく、飢えを満たしてくれて食べすぎを予防する。 堅果類がなければ、水でも一杯飲み干してみよう。 食事30~40分前の水の摂取は胃液を薄めず、空腹を減らすことができる。

4.夕食後部屋や居間歩き回ること

夕食後のソファーに座って眠るときまでTV背中を見たら、ダイエットは期待できない。 これは毎日運動をする人も同じだ。 運動靴姿で家の外に出たくなら、居間や部屋を30分ほどうろついてみよう。

立ったまま身動きをしながらTVをみてよい。 食べ過ぎをした人は心が軽い感じがして適正量の食事をした人は腹と距離を置くことになるだろう。

5.家族との対話でストレスを解消する

ストレスも肥満の敵である。 ストレスがエスカレートして、コルチゾールホルモンが多く作られる。 こんなに過多分泌されたであるコルティソルは、体内に脂肪が積もっにし、結局肥満を招く。

昼に会社業務や学業に悩まされ、たまったストレスを家族との対話で解決する知恵が必要だ。 両親や兄弟、姉妹と話を聞いてみると、共感と瞑想効果を出し、コルチゾールホルモンを減らすのにいい。 当然、家族愛も厚くなって一石二鳥の効果を出すことができる。

6.午前零時以前に寝る

睡眠時間が足りなくてもお腹が出ている。 ダイエットに役立つ適正睡眠時間は一日7時間ほどだ。 眠りが足りないと、食欲ホルモンであるグレリンの分泌が増えて食欲抑制ホルモンであるレプチンの分泌がくれるという研究結果が多い。

睡眠不足は昼に疲れを誘発するだけでなく、昼食、夕食時に食べすぎの傾向を誘導して腹が出るようにしている。 寝床に横になっては、スマートフォンなどの水面に妨害される物は遠くに置く知恵も必要だ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。