涼しくという無理な運動…’腰の故障’します

登山・ゴルフなど突然の野外活動で秋季’脊椎管狭窄症’患者が急増
症状ひどくなければ手術なしで薬物・物理治療で好転

秋某(70)氏は10年余り前に退職した後も地道に登山をしながら健康を管理してきた。 その先月下旬、”秋だから日が涼しくなった”て、無理に山登りしたことが、秋氏に禍根になった。 登山後に開始された腰の痛みはますます激しくなった。 お尻から脚までいずれも痛かった。 時間が過ぎて橋が引いて、しびれ、歩くことすら大変だった。 秋夕の連休中寝てばかりいた彼は後で病院を訪れた。 診断結果は、重症の水準の’脊椎管狭窄症’だった。

代表的脊髄疾患の一つである’脊椎管狭窄症’は、最近のような秋に患者が急激に増加する。 涼しくなった天気を味方にチュ氏のように山登りやゴルフなど突然の野外活動をして腰に刺激を受ける恐れがあるためだ。 実際に脊椎管狭窄症患者は、徐々に増えている。

国民健康保険公団の統計によると、2011年109万人あまりだった患者数は2015年には149万人あまりに増加した。 4年間35%以上増加したわけだ。 脊椎管狭窄症が発生すれば歩行障害はもちろん、夏至に激しい痛みを訴えようになる。 しかし、多くの患者は病院に行けばとにかく手術をしとするんじゃないかと心配するのが現実だ。 さらに、脊椎管狭窄症患者は、その大半が高齢者なので、手術後、副作用が気になるしかない。 しかし、患者の症状がひどくなければ手術なしで薬物、物理治療などで症状を改善させることができると医学界では見ている。

歩く休む反復…痛みの様相多様=脊椎管狭窄症は、様々な原因によって脊椎管が狭くなって、脊椎管の中に位置する神経ポケットと神経が圧迫され、腰と足に痛みとさまざまな神経症状が現われる疾患だ。

ジャンドンギュン仁済(インジェ)大学上渓白病院脊椎センター教授は”脊椎管狭窄症の初期症状は腰と尻の部分に現れる痛み”とし、”徐々に症状がひどくなると両方の橋まで痛みとしびれた症状が現われるようになる。 この時、患者は腰を曲げると、脊椎管が一時的に広まって痛みが好転されるために歩いていて頻繁に休みになるが、これを医学的用語として間欠的空転という”と説明した。

次第に一度に歩ける距離がだんだん短くなって、日常的活動が痛みによって支障を受けることになれば、病院を探すことになる。 痛みは神経、ポケットや神経が押されて発生する。 患者によって症状を’痛い’、’しびれる’、’冷える’で表現することになる。

脊椎管狭窄症の診断には患者の症状や医師の診察所見が最も重要だ。 張教授は”CT(コンピューター断層撮影)やMRI(磁気共鳴画像)のような映像検査が骨や神経周囲の組織を詳しく見ることができるため、診断に大いに役立つ”、”脊椎管狭窄症の正確な診断のためには患者の臨床症状、医師の診察所見、映像検査を共に施行して総合的に判断することが重要だ”と話した。

症状ひどくなければ手術なしで痛みの緩和可能=脊椎管狭窄症は主に高齢の患者に発生する。 これらの患者の最も大きな問題は痛みによる歩行障害だ。 ために患者の全身状態と病気の経過を十分に考慮して治療法を決定しなければならない。

張教授は”脊椎管狭窄症の場合、映像検査で激しい狭窄が発見されても、その症状がとてもひどくない患者は優先的に保存的治療を先に施行することが原則”と強調した。 さらに、”保存的治療の目的は痛みの緩和と機能を向上させることだ。 神経麻痺機なく、症状が中等度以下の場合は保存的治療を先に施行することがいい”、”保存的治療では寝床の安定、薬物治療、硬膜外副腎皮質ホルモン注射、補助装具の着用、物理治療、腰の筋力強化運動などだ”と付け加えた。

手術的治療は保存的治療を最小3ヵ月以上積極的に施行したにも尻や下肢の痛みがひどくてよく歩けないか、筋力低下または感覚異常などの神経症状が急激に進行したり、大小便の機能障害が発生した場合、施行する。

張教授は”手術方法としては、脊髄側室の切除術を施行して神経ポケットと神経を圧迫する骨や靭帯などの構造物を除去する減圧術を施行する”、”必要な場合には脊椎ユハプスルを同時に施行することもある。 最近は間接減圧術、経皮的後方コチョンスルなど最小侵襲法によって施行したりもする”とした。

さらに、”しかし、手術方法を決定する時は、患者症状の程度、患者の年齢、活動も、骨密度、全身状態などをすべて考慮して慎重に決定することが非常に重要だ”と付け加えた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。