[幸福な家庭]夫婦喧嘩10鶏鳴

夫婦喧嘩10鶏鳴

1.殴らないたり、壊したりしないでね
あまりに当然な言葉だが、暴力に対する誤解がある。’迎えることを言っただろう”ブブイルになぜ出て’という考えは禁物。そのいかなる暴力も犯罪とは認識がなければならない。特に男性は女性の言語暴力に深刻に傷受ける場合が多い。

2.核心争点と’今’に焦点を合わせてみよう
女性たちは、過去の過ちを暴き出すのは場合が多い。靴下を脱いでどこにでも放り投げておくことに腹が立ったらそれだけ話そう。。いつも現在と今を持って戦わなければならない。浮気してお酒を飲んだ過去まで調べたら、逆効果。

3.子供たちの前で喧嘩しないでみよう
子供たちに夫婦喧嘩は、ひどい恐怖。’私のせいで喧嘩してるんじゃないかと”母がこの家を出ているのではないか’などの考えが無意識に定着している。数年前、小学生が親の夫婦喧嘩に遺書を書いて自殺した場合もあった。仕方なく子供たちの前で戦うことになった場合には和解する姿を見せてくれなければならない。不健全な戦いだけを見て育った子供なら’絶対に私は母お父さんのように喧嘩しないべきであり、’考えてもそのまま世襲されることが、さらに大きな問題だ。

4.火薬庫は避けよう
人格の冒涜になる言葉がある身体や学歴、昏睡、給料、親に対する言葉だ。触ると、直ちに爆発する火薬庫。夫婦の間にはどんな言葉が一番傷があるかどうかをよく知っているため、むしろもっと苦しめてやりたいほどで火薬庫を触れる場合があるがこうなると、回復が容易ではない。火薬庫は、人それぞれだ。自分にとって火薬庫が何かを明らかにして絶対に避けることにあらかじめ約束するのもいい。

5.タイムアウトとファウルを利用しよう
犯罪は憤怒を調節がうまくいかなくて発生すること。とても興奮してまともに言えなかったら’後に話すると、’たり、それでも下がっていなければ’明日言うと、’とすることが望ましい。パウルは夫婦けんかの規則を決定するということ。緊急状況でなければ声を高めないとか、部屋を使ってはいけないという風に、夫婦だけの10戒を定めることもできる。罰則も事前に合意しておくと効果的だ。

6.自分の欲求と希望事項を効果的に伝達しよう
まともに伝えるず、自分が希望する部分を誤解するようにする場合がある。酒自体ではなく、健康と飲酒運転の心配のために干すことを誤解するようになるように言葉だ。夫人が”親戚の誰が徳利に帰ってお酒は本当に心配”なら、夫も”私も総合検診を受けてやめるようにする”などの約束をいえば、深刻な争いに持ったない。

7.第3者を道連れにしないでみよう
周りの人たちは、客観的ではない自己中心的に解釈すると、いる事実も歪曲されかねないが、実家・夫の実家に言う場合、一方の立場だけを伝達され、入力自体が間違っている場合が多い。また周辺人たちは自分が興奮して仕事を拡大する場合も多い。家庭内暴力やウィチョ症、アルコール中毒、道徳的欠陥など内部的に到底解決できない問題がなければ第3者を引き込むことはならない。

8.長期戦を避けよう
言わずに1週間、一ヶ月行く夫婦らがいるが、そのもどかしさに耐えられなくてどちらか一方が謝罪した場合、その相手も絶対に勝つことがない。見守っている子供たちまでも不安して、機嫌だけ見るようになる。

9.復讐せず、夫婦喧嘩の後にも自分の本分を尽くそう
女性の場合、寝床を拒否したりご飯をしてくれなくて男らは生活費を与えずにお酒をもっと飲んで遅く帰ってくるように八つ当たりする場合が多い。健全でない方法だ。

10.いつも最後の締めや和解を優しくしよう
言うのが照れば手を握ってくれたり、手紙を書くこと、外食する方法もある。夫婦間のサインを決めておしどりを戻すことも自然な和解の表示になる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。