実験や論文などで検証された’健康になる食品10つ’

食べて治めるシクチ(食治)という言葉は食べ物で病気を治療するという意味を内包しています。 ところで食べ物で治療が可能ですかか。数多くの食べ物が’~予防にいいって’という言葉が多いですが。
その中で各種実験や論文などで検証された食べながら元気になる食品10つを紹介します。

1.トマト、前立腺がんの予防

トマトは前立腺癌予防に最も効果的なむぐあいとなります。トマトを着実に食べる人はそうでない人より早期前立腺がんの発病危険が35%、進行性前立腺がんの発病危険が53%低いという研究結果もいます。トマトが前立腺癌を予防する理由はトマトの中’ライコペン’のことですが。 抗酸化成分であるライコペンは、細胞の油田構造を損傷させる活性酸素を除去して、前立腺がん細胞の増殖を抑制します。
トマトは熱を加えるとライコペンが分解されながら体内の吸収力が増加するために火を通して食べると効果がもっと好きです。 米国コーネル大学研究チームがトマトを87℃で2分、15分、30分間暖めた結果、ライコペンの含量がそれぞれ6%、17%、35%増えたことが明らかになりました。

2.キャベツ、乳がん、慢性胃炎予防

キャベツには抗がん成分であるインドール3カビノル入っていて乳房癌を予防します。 インドール-3-カビノルは、ガン細胞の異常増殖を防ぎ、がん細胞死滅を誘導するのですが。米国ミシガン州立大学とポーランド国家食品研究院の研究結果によると、キャベツを1週間に少なくとも3回以上摂取した女性は1週間に1回摂取した女性より乳がんの発生危険性が72%減少しました。 キャベツには’ソルポラパン’成分も入ってるんですけど。 米国ジョンズ・ホプキンス大学のポール・テルロリ教授は1992年、ソルポラ版が慢性胃炎を起こす、ヘリコバクターピロリ菌活性を抑制するという研究結果を発表しました。また、キャベツに入っているビタミンUは上の潰瘍を抑制して、胃の粘膜を生成するホルモンであるプロスタグランジンの分泌を促進します。
キャベツは水の中に長くおくと水溶性ビタミンであるビタミンU・Cが流出する可能性があるので、すぐ洗って食べるのがいいです。 キャベツは食物繊維が豊富だが、食物繊維を過度に摂取すれば、消化不良症状が現われる可能性もあるので注意しなければなりません。

3.ブドウ・糖尿綱膜病症抑制

ブドウは、抗酸化物質であるレスベラトゥロルが入っています。おかげでぶどうが紫色であるのもこのレスベラトゥロル成分のためです。 レスベラトゥロルは、糖尿綱膜病症(糖尿病を長く患うの時、網膜の微細血管が損傷し、視力が低下する疾患を抑制する効果があります。城ヴィンセント病院の調査によると、、一ヶ月に2~3刺身ブドウを食べたグループは一ヶ月に1刺身未満のぶどうを食べたグループより、糖尿綱膜病症の発生率が46%低いとします。レスベラトゥロルは中身より皮にたくさん入っているが、糖尿病があるなら、ブドウの皮を丸ごと食べるのがいいです。 また、一度食べる時一輪以上食べない方が良いです。

4.のクランベリー-尿路感染予防

クランベリーは膀胱腎臓尿道などに生じる尿路感染予防にいいです。 クランベリーの尿路感染予防起電は明らかにされていないが、クランベリーの中渋みを出す’プロアントシアニジン(タンニンの一種)’という成分が尿路感染を予防することで知られています。プロアントシアニジンは尿路感染を起こす大腸菌が尿路上皮細胞につくのを抑制する効果があるんですが。 建造されたクランベリー40gには、プロのアントシアニジンが36~72mg入っているそうです。 ただし、腎臓結石を引き起こす成分である水産を含有しているために、腎臓結石の患者はクランベリーを多く摂取することは避けなければなりません。

5.ブロッコリー-心臓病の予防

ブロッコリーをとろ火で煮て食べると心臓病の予防にいいです。ブロッコリーにたくさん含まれている’セレニウム’と’グルルコシノルレイトゥ’という成分のためです。米コネティカット大学の研究チームは30日間ブロッコリー抽出物を飲ませたマウスとそうではないマウスの心臓を取り出して酸素の供給を中止し、再び供給する実験をしました。 その結果、ブロッコリー抽出物を摂取したマウスは、そうでないねずみより心臓筋肉細胞損傷が少なく、機能回復も早いことが明らかになりました。セレンとグルルコシノルレイトゥは熱湯でよく破壊されるため、さっと湯がいて食べるのがいいです。

6.オート麦-心臓病の予防

オート麦は心臓病患者に役になります。 オート麦に入っている水溶性食物繊維の’ベータグルカン’のことですが。 ベータグルカンは血液中のコレステロール数値を下げる役割をします。オート麦のベータグルカンを毎日3gずつ摂取すると、コレステロール数値が減って、心臓疾患の危険が約23%下がるという研究結果もあります。米医学会はベータグルカン繊維素適正摂取量を1000kcal、党14gに推奨しています。

7.豆-、乳癌予防

豆は乳房がんの予防効果が優れた食べ物だ。 豆には植物性エストロゲン(イソフラボン)成分が入っています。 私たちの体にはエストロゲンを受け入れる受容体がアルファとベータ、二つがありますが。 一般女性ホルモンはアルファ受容体に作用して癌を誘発するが、豆のイソフラボンはベータ受容体に作用して癌を抑制します。豆で作ったチョングックチャンを1週間に1度ずつ食べ続ければ、乳がんリスクが約30%減るとします。ところで1日に60gを超える量の豆を摂取した女性は月経周期が変わるなど生殖機能に問題が生じたという報告があるためにおかずもご飯に入れて食べる豆、チョングッチャンなど自然に触れること程度の量だけ食べたほうがいいです。

 

8.緑茶-肥満患者に役

緑茶にはポリフェノールの一種である抗酸化物質カテキンが豊富だが、肥満患者に役このなります。 カテキンは血液中のブドウ糖、脂肪酸、コレステロール濃度を減少させて、地方の合成を抑制して、脂肪分解を促進します。肥満女性が緑茶カプセルを12週間が服用すると、体重が2.4~4.6%減少するという研究結果もあります。ただ、緑茶にはカフェインが入っていて、飲むとどきどきしさや不眠症が感じられることができます。

9.ニンニク-胃がんの予防

ニンニクの辛い味、独特な匂いは’アリシン’からです。 アリシンは殺菌作用に優れ、胃ガンの原因である慢性胃炎を起こす、ヘリコバクターピロリ菌を殺します。 また、ニンニクにある硫黄化合物質は肝臓癌や大腸がんの予防にもいいですね。毎日ニンニク半の方を食べると大腸がん発生の危険が30%、胃癌発生の危険が50%減少するという研究結果もあります。ただし、ニンニクは、血液の凝固を抑制する作用を促すために、ワルファリンなど血液凝固抑制の薬物を食べていたり、外科手術を控えているなら、ニンニクを過度に摂取しない方が良いです。

 

10.、薑黃-認知症予防

カレーの黄色を出すウコンは、抗酸化成分である’クルクミン’が豊富です。クルクミンは痴呆症の症状を予防したり遅らせる効果向かっている。40~90歳成人グループを対象にしたオーストラリアのある研究結果によると、12ヵ月間、クルクミン500mgを摂取したグループはそうでないグループより、言語、記憶力検査のほうが良いように現れました。実際、インド人の認知症(アルツハイマー)の発生率は米国人の4分の1水準と申します。 カレーなど、薑黃が入った料理を食べる時は胡椒を添えて食べたら、胡椒の中の’ピペリン’という成分がクルクミンの体内吸収率を高めてくれます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。