ラミネートをすると、歯が弱くなるか。 Yes or Noで調べている歯牙美白の真実8つ

そろっていて白い歯牙に明るいほほ笑みをすれば相手に好感を与えることになります。 一方、黄色い歯を持っているならば笑うことを惑わなります。 それによって白くてきれいな歯を持ってみたい’歯牙美白’に関心を持つ人が多いんですが、’歯牙美白’をしたいですが、副作用のために迷ったり、自家美白をする人たちも多いです。 今日は歯牙美白に対する間違って知っている情報から歯牙美白に役立つ、食べ物などを調べてみましょう。


1.歯のホワイトニングとは?


‘歯牙美白’という言葉は人たちに慣れたんですが、正確にどのようなのでしょうか。 まず、歯は私たちが食べている茶色の色素を含有したことを持続的に食べるようになったら歯を変色することになります。 例えば、コーヒーやカレーなどが代表的な食べ物です。 食べ物の色素が歯の微細な穴の中に入って着色され、歯牙の色が自然に変わります。 また、先天的に歯が黄色い場合もありますが、これは歯の内側の黄味を帯は、象牙質が厚いためです。 歯科でする歯牙美白は個人の歯の状態、変色程度によって適切な美白制を使用して光線を発射する方式で進行します。


2.YES or NOで調べている歯牙美白


歯科を訪れて歯牙美白を受けている人も多いが、家でセルフでする人たちも多いです。 また、歯牙美白に対する関心ほど誤って伝えられた俗説も多いんですが、YES or NOに歯牙美白に対する誤解と真実について調べてみましょう。

Q1.歯牙美白をすれば、歯が弱くなるか。 NO

A.歯牙美白をしてと、歯にしみるや痛みを感じたりします。 このような理由に歯牙美白をすれば、歯が弱くなったと考えがちです。 普通歯牙美白後、冷えたり、痛みは1~2日ほど続けるが、消えます。 ただし、激しい痛みや一週間程度の時間が過ぎれば、病院を探すのがいいです。 これは歯牙美白の副作用というよりは歯ぐきの疾患や他の歯疾患などに痛みが生じたことある可能性があるので病院を探すのがいいです。 あるいは歯のホワイトニング他の歯を点検して、治療を受けた後、歯牙美白を受けることも推奨します。 他の歯疾患を持っているときは歯牙美白をしても効果を見ないケースもあるためです。

Q2.歯牙美白をすれば、歯が広告モデルのように眩しいほど白くなるか。 NO

A.人たちが最も誤解することの一つが’歯牙美白’をすれば、歯が白く変わるということです。 しかし、正確に言えば、歯牙美白は歯の微細な穴に挟まれた色素を分解して歯固有の色を探してくれる施術を指します。 人によって固有の歯の色が異なり、歯の部分ごとに色が違うこともあります。 したがって、歯牙美白をすると広告モデルのように白い歯を持つこともなく、均一な色を持つこともありません。 例えば、歯の根の方に向かうほど黄色を帯は、象牙質が多いからです。

Q3.レモンを歯にこすると白くなるか。 NO

A.レモンで、歯を磨くと歯が白くなりという民間療法もあります。 しかし、これは誤って伝えられた方法です。 レモンを歯に擦ると、山の成分によって、歯の表面を腐食させ、一時的に白く見えることだけです。 むしろ歯の色素を除去することができないだけでなく、歯の表面を損傷し、歯茎の健康によくないために避けなければなりません。

Q4.歯牙美白をすると、歯にしみる。 YES

A.歯牙美白をすると、歯が凍みます。 病院で、歯牙美白をしても同様ですが、これは一時的に現れている歯牙美白症状として普通は1~2日ぐらいで消えたところ、大きく心配しなくてもいいです。 歯牙美白に使用される美白制に過酸化水素成分があるのですが、このような美白制が歯の微細な穴を通じて入って着色されたタンパク質を乗せて無くしながら、神経を刺激し、一時的に冷えたり、痛みが生じたものです。

Q5.セルフ美白商品として歯牙美白効果があるか。 YES or NO

A.歯牙美白を歯科で受ける場合、費用に対する負担でのセルフ歯牙美白製品も人気を博していますが、もちろん、歯牙美白効果があります。 歯の漂白作用をする低容量の過酸化水素を歯に塗った後、一定時間が過ぎた後、(普通30分程度)洗う方法で非常に簡単です。 しかし、使用時の注意が必要です。 歯の状態が個人ごとに異なるため、美白材の容量を調節が重要ですが、間違って使用すれば、美白成分が歯の奥深いところに入って歯周炎、歯がつぶれることなどがあります。 セルフ歯牙美白製品を使用するとき、歯がたり、歯茎が腫れるなどの症状が生じたら使用を中断しなければなりません。

Q6.歯牙美白のためにはトマトパスタとコーヒーを避けなさい。 YES

A.歯の変色や着色は食べ物に含有された成分のために後天的に生まれます。 色素が濃い赤ワインやカレー、チョコ、炭酸飲料などの食べ物や酸性の强い成分を食べる時が代表的です。 特にトマトケチャップとトマトパスタソースは酸性成分が含有されています。 その中のトマトソースは色が豊富で、歯に着色されることも簡単です。 したがって、トマトソースを食べる時は緑の野菜と一緒に食べると、野菜が歯の保護膜形成をして着色を予防してくれるから、ぜひ一緒に召し上がってください。

コーヒーも歯を黄色くします。 コーヒーは歯の変色を起こす容易に飲んだ後、水でうがいをた後30分後に歯磨きしたり、ストローで飲むのがいいです。 また、牛乳と一緒に飲むと牛乳のカゼイン成分が差変色を減少させる役割をします。 その外にタバコのニコチン成分や、テトラサイクル系列の抗生剤を服用する時も歯が変色することができます。

Q7.ラミネートをすれば永久的に白い歯を持つことができるか。 YES

A.ラミネートは前歯歯がピトゥルと、選ぶことができなかったり、変色がひどくて美白治療に効果が期待できない時や永久美白を希望する時する方法です。 ラミネートは歯の表面を約0.5mm程度を整えてその上にドジェ技工物を作った後、複合樹脂接着剤で付けるシスル方法です。 歯を最大限保存する補綴治療であり、気孔水に金属が入らず自然て透明で、他の歯との調和がいいです。 また、歯の審美治療に歯の矯正や歯牙美白効果があります。

Q8.ラミネートは副作用のない手術だ? NO

A.黄色い歯、発生した前歯、割れた前歯などの矯正や美白の効果があるラミネートは、外貌の自信を取り戻してくれる手術だが、副作用もあります。 ラミネートをしている時に歯をとても多く負けたら歯が冷えたりもして、セラミック加工過程で、正確な形に加工されなければ、歯ぐきに炎症が生じたり、むしろ変色が来るなど、ラミネート副作用があります。 副作用を最小化するためには専門歯科で十分な相談を受けて、また、自分の状況で本当にラミネートが必要なのかや価格などを考慮しなければなりません。


3.歯牙美白に良い食べ物6つ


食べてばかりしても歯牙美白に役立つ食べ物、どんなものがありますか。

1.チーズ
チーズは立案が酸性化されることを阻止して、歯の着色と歯腐食の予防に効果的代表的な乳製品とされますが、特にチーズはカルシウムが豊富で、歯を丈夫に作る場合もあります。 チーズのほか、牛乳を飲むこともいいです。

2)、ダークチョコレート
ダークチョコレートは黒い色のために歯牙美白に全く役に立たないそうですが、カカオの種にあるアルカロイド成分である’テオブロミン’が歯の白いエナメルの表面を強化するのに役に立ちます。 それによって歯が変色したり染みが生じるのを防いでくれます。 ただし、ミルクチョコレートは歯牙美白に全く役をくれないです。

3)緑茶
緑茶の中タンニン成分は歯のバクテリアを撲滅させることはもちろん、歯の染みをきれいに作ってくれます。 また、ポリフェノール成分は、歯のエナメルの表面を保護してくれて口腔を清潔にしてくれ、口臭予防にも効果的です。

4)謝罪
さくさくした謝罪は自然歯ブラシというニックネームがあるのですが、謝罪には歯磨き粉の原料であるリンゴ酸の含量が多く、歯をきれいにしてしみ除去を手助けする役割をします。

5)パイナップル
パイナップルも歯牙美白に役に立つんです、パイナップルのブロメライン、パパインなどの成分が含まれているが、ブロメラインは国際歯衛生、ジャーナルで認めた着色防止効果があり、歯の表面の染みをなくしてくれます。

6)、堅果類
堅果類は植物タンパク質と纎維素が豊富な健康食品で、歯を丈夫にし、、歯の表面着色を防ぐ役割を果たします。 また、堅果類の経た食感が歯の痴態と染みをむいて出す役割をします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。