もしかしたら、胃がんの可能性がある信号6

統計庁によると、国内の大腸がん死亡率が大きく高まり、胃癌死亡率を上回っていることが分かった。 国内大腸癌の死亡率は2001年10万人当たり9.5人から2016年16.5人に73%も増加した。

今年は癌死亡率統計が出た1983年以降初めてで、大腸癌死亡率が胃癌死亡率(2016年基準10万人当たり6.2人)をリードした。 しかし、胃ガンは依然としてがんによる死亡率で上位に上がっている。

このような胃癌を事前に知ることができる方法はないだろうか。’アクティブビットドットコム’が胃癌発生の危険を事前に知らせる兆候や症状6つを紹介した。

1.理由のない体重減少

きゃしゃな体つきを好むのが最近の趨勢だ見たら肌が引くと健康にいいと思いがちである。 しかし、特別なダイエットの努力もなしに体重が落ちと胃癌の兆候日数もある。 胃がんの初期主要症状の一つが原因を知ることができない体重の減少だ。 このために食事量など食事の習慣に変化があったり、運動療法をしなかったのに体重が抜ければ、専門医の検診を受ける必要がある。

2.頻繁な腹痛

胃がんが危険な理由の一つはその症状が吐き気のような一般的な胃腸疾患と似て気付くことは難しいということだ。

しかし、食べ物を食べた後、腹痛の症状が長期間続けば、食べ物と関連した病気がないことができる。 このときは専門医の診断を受けるのがいい。

3.満腹感

食事の量が多いのもないのに船がいつもいっぱい満ちた感じがしたら、胃がんの初期症状であるができる。 食事を開始していくら食べてもいないので、これ以上食べたい気が入らない場合、胃ガンを知らせる兆候日数もある。

4.胃が痛くならない

胃酸逆流は人たちが一般的に経験する症状だ。 揚げた食べ物や味付けがたくさん入った料理を食べれば、胃酸逆流とともに胃が痛くならないと消化不良症状が発生する。

胃酸逆流や腹立たしいことは薬を服用すると、簡単に癒される。 しかし、このような症状が長く持続されれば、胃がんの症状でもある。 腹立たしいことが持続的に発生して薬でよく治療できなければ、病院で診断を受けてみる必要がある。

5.頻繁な嘔吐

一ヶ月に1~2回回、不本意ながら、嘔吐をするようになると、診断を受けてみる必要がある。 特に嘔吐する際に、血液が混じってば、胃がんの兆候日数もある。

6.胃の部位、激しい痛み

へそをめぐっている腹部に発生した激しい痛みは一般的な腹痛とは次元が違う。 痛みと共に船が腫れて体液が多くなる症状は胃癌が発生した時に現われることができる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。